A子さんの四国歩き遍路旅

ミニマリストで旅好きなAyaが2017年に四国歩き遍路旅をした日記です

【番外編】横峰寺山登り編

久しぶりにお遍路ブログを書かせていただきます。

というのも、先日ついに横峰寺登ってきました。バンザーイ!

前回の通し遍路の時は、失敗したというか歩きで登る事ができずとても悔しい思いをしたのでどこかで絶対リベンジしたいと思っていました。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

aya-ohenrotabi.hatenablog.com

 

 ビジネス旅館小松で前泊

今回は私だけでなく、高知市内や高野山で一緒だった相方さんも連れていきました。

aya-ohenrotabi.hatenablog.com

彼は私と違って歴史もの好きなのですが、お遍路に対しては「何で歩かないといけないの?」と疑問に思っていたみたいですが、私が

  • 「ひとりだとどうしても迷う可能性がある」
  • 「そんなに負担はかからない」
  • 「旅館のごはんはおいしい」

と言って彼を連れ出しました。

お昼に車で出発し、しまなみ海道経由で横峰寺近くにある「ビジネス旅館小松」に到着。

秋の時は結構お客様がたくさんいたのですが、6月は梅雨の影響もあってか私ら含めて3人しかいませんでした。

 

f:id:aya-haseko:20180621170419j:plain

そして、食事はおなじみのしゃぶしゃぶ。

お昼あまり食べなくてよかったと思いました。

そして、旅館の主さんに明日のルートを改めて確認しておきました。

そして出発

f:id:aya-haseko:20180621170528j:plain

朝食を食べていよいよ出発。

砕石場までは、前回の記事と同じなので省略。

といいたいところですが、実はこのような看板が取り付けられていました。

f:id:aya-haseko:20180621170458j:plain

あれ?前行った時こんなんなかったような気がする…。

最近取り付けられたのでしょうかね???

f:id:aya-haseko:20180621170614j:plain

そして、砕石場を超えてこれから上り道を歩くところで家族からLINEが続々と届いた。

なんと、大阪で大きな地震があったとのこと。

よくわからなかったのですが、愛媛県辺りは特に揺れは感じなかったのでそのまま決行することにしました。

そして、ここで上にのぼります

f:id:aya-haseko:20180621170658j:plain

あれ?こんな道あったっけ的な状態だったのですがこの丸太のあるところに道があってそこから横峰寺に続くルートがありました。

※丸太は帰りに回収されたのでやはり目印としては橋を曲がってすぐのところで登り道にはいるということで覚えておいたほうが良いです

f:id:aya-haseko:20180621170826j:plain
f:id:aya-haseko:20180621170744j:plain



登っていくと「遍路道」の目印や看板がたくさんありました。

「ここだったんだー」

と心の中でガッツポーズしちゃいました。

しかも、すごく歩きやすかったんです。

他の山にあるお遍路のお寺って、すごく急な坂などもあり歩くのがとてもしんどかったのですがここはすごく急な感じもせず足に負担を感じることはありませんでした。

目印もとてもわかりやすくこれがなかったら迷っていたと思います。

横峰寺まで残り3キロの看板

f:id:aya-haseko:20180621170953j:plain

そして、小松さんに教えてもらった道を通っていきようやくこの看板を発見!

やったぞー。

あとは、黄色のお遍路地図本通りに行けば到着します。

道はとても狭くところどころ崩れているところもあれば登り下りが激しいところもありました。

これぞお遍路の道です。

f:id:aya-haseko:20180621171142j:plain

そして、この看板を見つけたらあと1キロちょい。

そして、ついに横峰寺到着

f:id:aya-haseko:20180621171228j:plain

所要時間は約3時間半くらいでした。

ちなみに、あの道から行っても前と同じく裏からでした。

今回は線香やローソクは持ってきていないので、般若心経だけ唱えるだけにしました。

そして、その上にある星が森にも行ってみたのですが…

f:id:aya-haseko:20180621171335j:plain
f:id:aya-haseko:20180621171308j:plain



あいにくの雲空で何も見えませんでした。残念…。

ビジネス旅館小松さんでお願いしたお弁当を食べたのち、来た道を戻ることにし戻りました。

下りは約2時間半とある意味スイスイと降りることができました。

トータル6時間。これだけ考えるとしんどいイメージがありますが、お遍路を通しでやっている人からしたらしんどくないですよね。

一番しんどいのは、3日目あたりの焼山寺ですから。

ちなみに、降りる途中外国の人を見かけましたが下りのところでヒョイヒョイ降りていったのです。

その外国の人はなんと、下が裸足でサンダルというツワモノでした。

最初追い抜いたのですが、途中休憩した時に追い越されてしまいました。

私らからすれば、「すごい」とか答えようがありませんでした。

梅雨の時期ではありますが、お遍路さんやっている人はちらほらいましたね。

晴れの時は日も長いし、気温もそんなに上がらないのでやりやすいといえばやりやすいですしね。

さいごに

といった感じで、横峰寺のリベンジは成功しました。

あの後家に帰って何があかんかったのかなと思ったのですが恐らく通り過ぎてしまったのかなと思いました。

彼も言っていましたが、ひとりで歩くのはとても勇気いることとのことでした。

言われてみれば、あの時は不安でいっぱいになり余裕がなかったのかなと思います。

お遍路旅はひとりでやる人が多いですが、全部回りきる人は改めてえらいなと感じます。

今回の横峰寺リベンジでお遍路旅はひとまず終了。

次はおそらく60歳くらいにやるかな…その気になればの話ですが。