A子さんの四国歩き遍路旅

ミニマリストで旅好きなAyaが2017年に四国歩き遍路旅をした日記です

【コラム】お遍路は通し打ちがいいか区切り打ちがいいか?

Ayaです。

歴史もお寺も何もわからず、特に悪いことをしているわけでもなく、四国ののどかな街をグルグル見たいという理由で始めたお遍路旅。

私はまず3連休を利用するなどして少しずつ区切りうち((区間を区切って回る回っていたのですが、9月末で今の仕事の契約も終了するので10月からは約1ヶ月半利用して残りを全部回ろうと思っています。

様々な本やお遍路ブログを眺めていますと、歩き遍路は大体40日前後かかるみたいでさすがにお仕事している人はそんなにお休み取ることは厳しいので、1週間ほど休んで区切りうち人がほとんどだと思います。

または、徳島・高知・愛媛・香川と一国ずつ回っていく人もいるみたいです。これを一国廻りといいます。

私も実は1週間ほど休みを取りながら行くことも考えましたが、結局は契約を更新しない選択をしました。その理由はこちら。

1ヶ月間まとめて回ることによって何かを感じることができる

あくまで、個人的な意見ではありますが1週間だけだどどうしても「お遍路旅したなー」という感覚を得られないと感じた訳であります。

1ヶ月間地元を離れることによって、改めて何かを感じることができるのかもしれないと思ったからです。

ちなみに私は旅行は好きですが、1週間以上家を空けたことがないのでそれもそれで楽しみです。

通し打ちで行く人は時間のある人

通しうちで((通しうち:1番から88番までまとめて回ること行く人は、仕事辞めた人や定年退職した人、あとは大学生など時間がある人がほとんどです。

お寺が趣味な人、自分のコンプレックスを解消したい人、四国が好きな人、なんとなく…などなど色々な人が歩いています。

お遍路を通じて、この先の人生をより良く生きるきっかけになるというのもよく聞いたりします。

自分のライフスタイルに合わせて計画を立てた方が良い

最後になりましたが、それぞれ事情があるのでどれが良くてどれがいけないのかはあなた次第になります。

「お遍路で四国一周したいから辞めます」というわけにいきませんからね。

自分にあったお遍路旅を計画して見たらいいと私は思います。

ではでは